スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
誰そ彼は魔法の時間 前編
お久しぶりです。覚えてくれているでしょうか、元・アポ子を。



元・アポ子の過去はこちら→  その1 その2 その3 その4 その5 その6

その6まであったなんて!なんて長い間 苦労してんだろう、この子ったら…









元・アポ子は今、林檎を売り歩いて?います。
「何かお仕事をしないと Plastic Heart では 暮らしていけませんから~。」ニッコリ

いち





あ、今日も夕暮れに 愛車を走らせる元・アポ子の姿が。

に







「ふう~3。マックの精でなくなって、もうずいぶん経つなあ~。
林檎に囲まれたお仕事は楽しいけど、時々はわたしのりんごに逢いたくなるの。」

さん


1日の仕事の終わり、疲れた元・アポ子に 夕暮れの光は懐かしく切ないのだった。





元・アポ子はどうなるのでしょうか?

続きを開いて下さいね。











誰そ彼は魔法の時間、マジックアワー。



気が付くと誰もいません。
そして 目の前には いつか見た、あの林檎の山が!




「また夢を見てるのかしら?」

よん   








「ああ…やっぱり届かないわ。」呆然と立つしか無い元・アポ子。

ご







            「…あのォ~~」




             急に声が!!!


             「きゃあ!」


なな








箱がしゃべりました!

ろく






「驚かしてごめんなさい。林檎を取ってあげようと思って。」


              「ホ、ホントですかっ!」


はち










「そのかわり、箱を開けてくれるかしら?」

                           「ガッテンだ!」


   (箱から出れないのに移動は出来る点について 誰も気が付かなくて良かったです。)

きゅ








箱入りお姉さんを倒し がんばる元・アポ子。

じゅ





夢なのかもしれません。でもでも…

十一





長くなったので分けました。後編へ続きます。
面倒ですが、どうぞ後編も開けて下さいね。

ここまでありがとうございました。




プチブライス:ジェレミーマッキントッシュ(元・アポ子)

スポンサーサイト
【2011/02/09 20:39】 | プチブライス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<誰そ彼は魔法の時間 後編 | ホーム | 節分ミッション>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://plastic60.blog12.fc2.com/tb.php/107-1911fca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。